身体の部位別ストレッチ方法まとめ!

Photo by Nilton Oliveira on Unsplash

原因は別の部位にあるかも

足先や指先の冷えにより収縮した血管は足のむくみとして症状に現れるだけでなく、時には肩こりや腰痛の原因ともなります。私たちの身体は、頭-首-肩・腕-お腹・背中-腰-脚と連なって支え合っているため、首に疲れを感じたとき、首や肩周りの筋肉をほぐすことも解決になりますが、腰の歪みが原因のこともあります。ストレッチしても気になる部位の疲労が解消されないときは、別の部位に取り組んでみましょう。

部位別ストレッチ方法

肩コリの原因が肩周りの筋肉の疲労だけでなく、背中の筋肉のコリが原因のこともあります。しっかり自身の身体の状態を見つめ、向き合いましょう。

肩周りの筋肉が硬くなると、肩や首のこりだけでなく頭痛・顔のたるみ、バストの垂れ下がりの原因にもなります。また姿勢も悪くなりやすく、猫背や首が前に突き出したような鶏首姿勢を招きます。首・肩回りの筋肉柔らかくし、美しい姿勢を手に入れましょう!

【図説】立ったまま、座ったままできる!肩こり解消ストレッチまとめ

【図説】仰向け、うつ伏せでできる!肩コリ解消ストレッチまとめ

腰は背骨一本で支えられているため、周辺の筋肉や筋への負担が大きくなります。そのため筋肉が疲れやすくなり、腰痛やコリとして症状に現れます。また広背筋を適度に動かしていないと姿勢が悪くなり、バストの垂れ下がりの原因にもなります。

【図説】腰痛撃退ストレッチまとめ

股関節

上半身と下半身をつなぐ股関節が柔らかくなることで、血流やリンパの流れが良くなり下半身が痩せやすくなり、冷えやむくみの解消が期待できます。股関節の可動域が広くなると、太もも、ふくらはぎ、腰が動かしやすくなるため、より大きな動きが可能となります。エネルギー消費量も増加し、痩せやすい体質を作ることができます。

【図説】股関節ストレッチまとめ

ふくらはぎ

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど、重要な筋肉です。下半身の血流を心臓にまで送り返すポンプのような役割を担っています。硬くなってしまった筋肉を柔らかくしてあげることで、脚のむくみ・だるさ・疲れや冷え性の改善が期待できます。

【図説】ふくらはぎを細くするストレッチ方法まとめ

太もも

太ももは、骨盤の安定や姿勢の維持にも大きく起因しています。太ももが太く見える原因にはむくみだけでなく、筋肉の張りも考えられます。血行不良により水分が溜まり脚がむくみ、また普段あまり筋肉を伸ばさないと筋肉が固く張り出してしまうことで太く見えます。

【図説】太ももを細くするストレッチ方法まとめ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする