自律神経を整える!

自律神経を整える!

自律神経の働きは交感神経と副交換神経と呼ばれる2つの神経から成り立っています。活動的な日中は交感神経が優位に働きます。身体を休めリラックスする夜は副交換神経が優位になります。どちらか一方が優位になるシーソーのようなバランスが保たれているのが自律神経です。
この自律神経のバランスが崩れ逆になると、日中は身体がだるく、やる気が起きないような状態になります。また夜は充分な休息を取ったはずなのに疲れが取れないなどの症状が現れるようになります。

自律神経の乱れは全身に様々な症状として現れます。

  • 頭痛、肩こり、腹痛、関節痛などの筋組織への影響
  • 多汗、頻尿、下痢などの生理現象への影響
  • 動悸、吐き気、苛立ち、睡眠障害などの精神への影響

今できること!

  • 朝日を浴びることで1日の始まりを教える!
  • 朝、白湯を飲み活動を始める準備をする!
  • 朝食には、納豆やヨーグルトなどの発酵食品を摂り、腸内環境を整えましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする