基礎体温を上げる!

基礎体温を上げて免疫力向上!

人の平熱はおよそ36~37度ですが、それ未満であると血行の流れが悪くなります。血液により細胞に必要な栄養、エネルギーとして消費されて発生する老廃物などを運搬、ウイルスからの攻撃を防ぐ白血球などが運ばれています。平熱が低くなると血管が収縮し、血行が悪くなることで、健康維持に必要なエネルギーが低下します。

風邪を引くと体温が上がりますよね?白血球が風邪ウイルスと戦えるように血管を広げているのも同じ原理です。またガンの治療に有効だと報告されている温熱療法も体温を上げ免疫力を高めるという治療です。

免疫力の向上以外にも多くのメリットがあります。平熱が高いということが血流の流れが良いということです。手足の冷え症の解消に加え、内臓の働きも活発になります。水分や老廃物が排出されやすくなり便秘の改善にも作用します。

やってみる!

  • 1日3食しっかり摂取すること!
  • 少し温かい飲み物を飲むこと!
  • 無酸素運動の筋トレに取り組むこと!
  • 睡眠の質を上げること!

補足!

  • たんぱく質アミノ酸を摂取しましょう。たんぱく質は、納豆や卵。アミノ酸は牛乳やヨーグルト。
  • 朝は体温が低いため、追い打ちをかけるように冷たい飲み物を摂取すると身体の負担が大きくなります。
  • 筋肉は血液を流すポンプにような役割。
  • 睡眠時に体温をしっかり下げていないと、朝にかけての体温の上昇が弱くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする