実は汚いへそのお手入れ!

実は汚いへそのお手入れ!

おへそを触るとお腹が痛くなると聞いた方がいると思います。あながち間違いではありません。おへその5ミリ下は内臓を守る腹膜があり、この腹膜に強い刺激が加わることで腹痛が起こります。それゆえ、おへそを触ると痛くなると伝わっているのです。正しい方法を学ぶことでお腹が痛くならずにケアをすることができます。
なぜおへそを清潔にする必要があるのか、、へそのゴマには便器の水の約4000倍の細菌が潜んでいるからです。トイレの水に潜む有害最細菌は290匹に対し、おへその細菌は約120万匹と恐ろしい細菌が潜んでいます。
その汚れの原因は、垢、ほこり、ローション、石鹸かす、汗など多くのものが関係しています。またおへその奥の方は、水分が溜まりやすく乾燥しにくいことも原因の1つとして考えられます。おへそを汚いままにしていると、菌が繁殖し炎症やイヤな臭いを発するようになります。

 

実践

  • シャワーをおへそに当てること!
  • もこもこの泡でおへそを優しく洗うこと!
  • すすぎ残しがないようにシャワーでしっかり洗い流すこと!
  • 週に1度は綿棒などでおへその中を掃除すること!

 

オイルを使う

① うつ伏せになりましょう。

② オリーブオイルあるいは食用油をおへその8分目まで注ぎ入れます。

③ ②の状態のまま5-10分放置しましょう。

④ 綿棒などでおへその中の汚れを優しく取り除きましょう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする