【ビタミン】健康維持には欠かせない栄養素!

ビタミンとは

ビタミン・ミネラルはエネルギーにはなりませんが、タンパク質、脂質、糖質の分解や合成を助ける働きを持ち、健康維持、体調管理には欠かせない栄養素です。

ビタミンは体内ではほとんど合成ができず、不足すると欠乏症になる恐れがある栄養素で、脂溶性と水溶性の2つに分けられます。脂溶性ビタミン(A、D、E、K)は油脂に溶けやすく、大量に摂取すると過剰症になる可能性があります。

脂溶性ビタミン作用
ビタミンA発育の促進、肌の健康を維持、喉や鼻などの粘膜に働いて細菌から保護する
ビタミンD小腸や腎臓でミネラルであるカルシウムとリンの吸収を促進する
ビタミンE抗酸化作用により、細胞膜の酸化による老化、血液中のコレステロールの酸化による動脈硬化などを予防する
ビタミンK止血するときのサポート役、骨のたんぱく質を活性化し形成を促す(骨粗しょう症の治療薬としても使用)

一方、水溶性ビタミンB群およびCは、水に溶けやすいため過剰症の心配がほとんどありません。ビタミンは野菜、果物に多く含まれます。

水溶性ビタミン作用
ビタミンB1炭水化物に分類される糖質からのエネルギー生産と脳神経の正常な働きをサポート、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き
ビタミンB2皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き、糖質・脂質・たんぱく質をエネルギーに変換する際のサポート役、エネルギー消費の多い方はビタミンB2の補給が必要
ナイアシン/ビタミンB3毛細血管を広げ血行促進、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き
パントテン酸/ビタミンB5コレステロール・ホルモン・免疫抗体などの合成に関与する
ビタミンB6筋肉や血液などが生み出すときに作用する、たんぱく質を多く摂取する方はビタミンB6の補給が必要
ビオチン/ビタミンB7(H)アレルギー性皮膚炎を抑制、乳酸を分解することで疲れや筋肉痛を抑える役割
葉酸/ビタミンB9たんぱく質や細胞の合成に必要なDNAなどの核酸を生み出す重要な役割、細胞分裂が活発な胎児の正常な発育に役立つ
ビタミンB12ビタミンB9と協力して赤血球中のヘモグロビン生成のサポート役、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割
ビタミンC身体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲン生み出す材料となり、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き、動脈硬化や心疾患を予防する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする