【ミネラル】すべてのミネラルは体内で合成できない!

ミネラルとは

ミネラルは無機質とも呼ばれます。身体の構成原素の96%は炭素・窒素で、残りの4%がミネラルです。構成割合や必要量はごく微量だが、生命維持には不可欠の栄養素です。

ヒトのカラダに必要なミネラルの元素は亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン・硫黄・塩素・コバルトの16種類とされています。すべてのミネラルが体内で合成できないため、食べ物から摂取しなければいけません。

必須ミネラル作用
亜鉛血中コレステロール値を調整する
カリウム神経や心肺機能の調節をする
カルシウム歯や骨の形成を促す
クロムインシュリンを活性化させる
セレン視力回復、皮膚の保護をする
赤血球やヘモグロビンを生成する
骨神経細胞組織などを生成する
ナトリウム体内の水分調整を行う
マグネシウム神経の高ぶりを抑え、精神安定を促す
マンガン糖質および脂質の代謝、成長や生殖に関与する
モリブデン糖や脂質の代謝に関わる
ヨウ素成長促進作用がある
リン歯や骨の形成に関わる
硫黄髪の毛や皮膚などを作る
塩素体液の浸透圧を維持する
コバルトビタミンB12の生成に役立つ

これらのミネラルの中でナトリウムとリンの過剰摂取に気を付けましょう。ナトリウムが過剰になると、血圧を上げて体内のナトリウム濃度を引げるので高血圧に繋がります。リンが過剰になるとカルシウムを壊すため、骨がもろくなります。不足あるいは過剰状態に陥らないように、適切な量を守って摂取することが大切です。

摂取量にも注意する必要がありますが、ミネラルを効率よく摂取するためにはビタミンと組み合わせることが重要になります。例えば、鉄はビタミンCやタンパク質と組み合わせることで吸収量が増加します。ビタミンとの併用で効率よく栄養素を吸収し、日々の健康維持に役立てていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする