洗っても臭い脚のニオイを解消!

洗っても臭い脚のニオイを解消!

梅雨の時期やブーツを履く冬の季節まで、脚の蒸れは年中襲ってきます。意識して洗ってもニオイが残っていたりします。ニオイが気になって座敷のお店に上がるのを躊躇ったり、靴の試着でも臭いが気になったりと困ることもあるかと思います。

脚の嫌なニオイの原因

  • 足の裏の角質ケアが不十分!
  • 乾燥が不十分なまま靴下や靴を身に着けていること!
  • 靴のサイズが合っていないこと! 

 脚の角質をお手入れできていないと、古い角質で雑菌が増殖しやすくなります。日中、汗でふやけた角質が剥がれ落ち、細菌が分解することで嫌なニオイの元となります。軽石などで古い角質を取り除き、しっかり保湿しましょう。保湿することで固く分厚いかかとになるのを防ぎます。

 濡れたまま靴や靴下を身に着けると、湿気が籠もり雑菌が繁殖しやすい環境を整えてしまいます。ドライヤーの冷風などで乾かしてから着替えるようにしましょう。

 サイズの小さな靴を身に着けていると、圧迫感が強くなり汗の分泌が多くなります。さらに靴の中の空気も外へ排出されにくくなるため、湿度が高くなり菌が増殖します。反対にサイズが大きいと、踏み込んだ時に押し出される空気の量が少なくなり、同じように湿度が高くなります。

そのまま放っておくと、、、

  • かかとのひび割れによる流血、それに伴い傷口から菌の侵入の危険が起こります。
  • 水虫の繁殖をうながすことにもなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする