【お腹】セルフマッサージ

ぽっこりお腹は、男性と女性で異なります。男性の場合、内蔵脂肪や筋肉の衰えなどによりパンパンになった太鼓腹。女性の場合、皮下脂肪や筋肉の衰えによりぶよぶよになったお腹。どちらにも共通する原因は、運動不足や加齢による筋力の低下です。それに伴い水分や脂肪が溜まりやすくなり、血液やリンパの流れが悪くなります。お腹を鍛える前にマッサージで身体の巡りを良くしましょう。

またお腹には腹部リンパ節があり、全身の巡りを良くする役割も担っています。優しくマッサージしてあげましょう。

*食後のマッサージは、消化の流れを妨げる恐れがあります。時間を置いてから揉みほぐしましょう。

 

実践

① 胸の下から恥骨あたりまで、身体の中心ラインを両手で交互にさすりましょう。

② 指先で肋骨に沿って、みぞおちから脇腹まで八の字を書くようにさすりましょう。

③ ウエストの両脇に手をあて指先を上下に移動させながら揉みほぐしましょう。

④ おへその左横から渦巻くように指先で小腸・大腸を揉みほぐしましょう。

*恥骨の上あたりが終点です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする