セルフマッサージ

マッサージするとき、筋肉が硬いまま行うと痛めてしまうことがあります。しっかりストレッチを行い、筋肉や関節を温めほぐしてから取り組みようにしましょう

マッサージのメリット

  1. 身体の緊張緩和→疲労回復とリラックス効果
  2. 血液の流れを改善→身体のコリ解消・予防
  3. 柔軟性の向上→パフォーマンスの向上
  4. リンパの流れを改善→筋肉により老廃物が流れやすい身体の状態になる
  5. リラックス効果→精神衛生の回復

マッサージとストレッチ、どちらも高い効果が期待できますが大きな違いは、柔軟性が向上し、可動域が広がるかどうかです。

ストレッチでは、筋肉を伸縮させて可動域を広げたい関節などを伸ばしていくため、筋肉がほぐれると同時に可動域が広がり、柔軟性を向上させることができます。

しかし、あまりに硬くなってしまった関節周辺の筋肉は、ストレッチだけで動かすことが難しい場合もあります。そういう時には、マッサージによる押す・引く・ねじる・回す・ゆするなど、外部からの刺激でほぐす必要があります。

またマッサージにより反射区と呼ばれる各臓器・器官や内臓につながるといわれる末梢神経の集中箇もほぐすことができます。足つぼマッサージも同じ原理です。対応する反射区を刺激することで便秘や消化不良が良くなることもあります。

筋肉や関節が硬くなってしまう前に、普段からストレッチやマッサージに取り組む習慣をつけておくことをおすすめします。

ポイント

マッサージをするときの力は、赤ちゃんを撫でるように優しくマッサージすることが大切です。自分の脚をたくさん可愛がってあげましょう!

・入浴中あるいは入浴後に行うと、身体が温まっているため、血管やリンパ管が広がっているので効果絶大です!

・マッサージにはリラックス効果もあるため睡眠前にも有効です。

・皮膚を傷つけないように、ボディークリームやボディローションなどで滑りを良くして取り組みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする