鼻の角栓除去術!

鼻の角栓除去術!

女性だけでなく男性の方も鼻の角栓を気にするようになりました。ドラッグストアなどで角栓パックという商品を目にし、実際に利用された方もいるかもしれません。角栓パックは毛穴につまった汚れや角質に密着し取り除くものですが、そのときに肌表面の油分や水分も同時に失っています。
 肌は乾燥すると、これ以上水分を逃がさないために皮脂を分泌します。その分泌により皮脂が過剰状態になり、皮脂が汚れや角質とより一層結びつきやすくなるため角質が溜まっていきます。その結果、毛穴の角質が外に追い出されずどんどん溜まっていき、黒いポツポツとしたイチゴ鼻になります。新たにできた角栓を取り除こうと角質パックを使っていると毛穴がどんどん広がり、閉じなくなります。角質のケアでは保湿を行いながら、除去するのが望ましいです。

鼻の角栓の原因

  • 乾燥
  • ファンデーションなどの化粧残り
  • 肌を傷つけるような洗顔
  • 鼻の皮膚が固くなっている

 古い角質や化粧残りがあると、鼻の皮脂と結びつき角質の原因になります。その日に溜まった汚れは、当日に対処しましょう。
また洗顔をするとき十分に泡立っていない状態だと、手で肌をこすり傷つけてしまい傷口から雑菌が入って炎症を起こしたり、毛穴の状態を悪化させたりする原因になります。また、ピーリングは必要以上に行うと肌の再生周期を乱し、敏感肌を引き起こす原因にもなるため使用用途に気を付けて利用したいケア方法です。
鼻の皮膚が固くなっていると、毛穴内に溜まった角質を外に押し出す力が弱くなります。軟らかくするために保湿と鼻のマッサージを行いましょう。

角質が溜まったまま置いておくと、、、

  • 赤ニキビや化膿ニキビなどの肌トラブル
  • 毛穴の黒ずみ

 古い角質でアクネ菌が増殖し、それを撃退しようと白血球が集まります。それぞれが活発に働くと毛穴が赤く盛り上がり、赤ニキビとして現れます。また白血球の出す活性酸素は菌だけでなく、毛穴内の壁を破壊し炎症を引き起こします。この炎症により引き起こされるのが化膿ニキビです。このニキビが皮膚の真皮まで到達すると、肌が再生できなくなり、凸凹のクレーター肌になり取り返しがつかなくなります。
 毛穴内の角質を残したままにしておくと、過酸化脂質を呼ばれる物質に変化します。この過酸化脂質はシミの原因となるメラニンの生成を促進します。このメラニンにより毛穴の角質が黒くなります。

角質の除去方法!

  • オリーブオイルを使う
  • レモンあるいはトマトを利用する
  • 重曹を用いる

 オリーブグリーン小さじ1/2杯を指先に広げます。指先で円を描くようにクリクリと回しながら、鼻をなぞりましょう。その後、洗顔を行いましょう。
 レモンのクエン酸には漂白作用があり、古い角質を取り除いてくれます。レモン汁をコットンに含ませ、角栓の気になる部分に15分ほど置き水でサッと洗い流しましょう。
 トマトのリコピンには抗酸化作用があり、細胞を刺激する活性酵素を抑制する働きがあります。トマトを食べても効果はありますが、スライスしたトマトの断面を肌にこすりつけましょう。そのまま5分ほど放置しサッと水で流しましょう。

角栓を作らないために

  • 脂質ばかりの食事を避け、皮脂分泌を抑えること
  • 保湿を欠かさないこと
  • もこもこの泡で洗顔すること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする