日の光を浴びるメリット!

日の光を浴びるメリット!

日光を浴びると紫外線による日焼け、シミが気になり嫌悪しがちです。日光を浴びることでビタミンDは生成されます。海外に在住の方に比べ日本の方は、ビタミンDが不足しがちだそうです。主な原因は日光を浴びる時間が少ないことだと考えられています。

ビタミンDの効果

  • カルシウムの吸収を高める
  • 免疫システムの補助
  • 呼吸器感染症の予防
  • 血管や心臓の機能改善
  • 抗がん作用

カルシウムの吸収が高まると健康な歯や丈夫な骨の形成が進みます。もし子供の成長期にビタミンDが不足すると、X脚またはO脚なったり、歯の噛み合わせや下顎のぐらつきなど骨の成長障害が生じると言われています。また子供だけでなく大人の場合にもビタミンD不足によえう影響があります。カルシウムの吸収がスムーズに進まないことで、骨が柔らかくなる骨軟化症、あるいは骨密度低下による骨粗しょう症を招きます。

またがん細胞の増殖を低下させる、かぜやインフルエンザなどの感染症を防ぐための免疫力向上、糖尿病予防、筋肉の強度を高める効果などがあるとされています。

ビタミンDだけではない!

  • 気分を安定させる
  • 体内時計を整える

太陽の光を浴びると、セロトニンという物質が体内で分泌されるといわれています。セロトニンには不安や恐怖感が抑えられ、精神が落ち着いたり、痛みを和らげる効果があります。また呼吸が深くなり血行が促進され、身体が覚醒します。

腸内では、腸に堆積した内容物を排出する蠕動運動を促します。

朝から太陽を浴びるとセロトニンが分泌され身体の覚醒が進み、日の入りまで分泌は続きます。この日中に分泌されたセロトニンを元に、睡眠ホルモンであるメラトニンを生み出します。朝はセロトニンの分泌、夜はメラトニンの分泌がサイクル的に起こることで、体内時計のリズムを整えます。ただし、メラトニンは光に敏感で、スマートフォンやパソコンから発せられるブルーライトにより分泌量が減少します。睡眠の質が低下するので、就寝前の利用は控えましょう。

セロトニンが不足すると、

  • ストレスに敏感になる
  • 無気力、無関心になる
  • 重曹を用いる

いつも受け流せるはずのストレスが負担に感じ、精神的に不安定になります。長期間にわたると、うつ病やパニック障害、自律神経失調症などを引き起こす可能性があります。
無気力、無関心などの気怠さや疲れを感じやすくなります。

セロトニンの分泌を促す!

  • 1日30分間、太陽の光を浴びること
  • リズムを刻むこと
  • マッサージなどでリラックスすること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする