歯の黄ばみの原因と予防方法!

歯の黄ばみの原因と予防方法!

白い歯は清潔感や活動的な印象を受け、好印象です。対して、黄色くなった歯は不衛生でだらしない印象を受けます。歯による第一印象のインパクトは大きく変化します。この歯の黄ばみや着色汚れを総称してステインと呼びます。ステインという物質が存在するわけではありません。歯の表面を酸から守っているタンパク質と引っ付くことで、歯の表面に吸着しステインとして現れます。ステインの発生原因を知り、しっかり対策しましょう。

ステインの発生原因

  • 紅茶・ワイン・緑茶など
  • チョコレート・コーヒーなど
  • ブドウ・ブルーベリーなど
  • バナナ・柿・リンゴなど
  • 豆腐・納豆など
  • たばこの煙

ステインの原因にはポリフェノール類が強く関係しています。紅茶・ワイン・緑茶などにはカテキンやタンニン、チョコレート・コーヒーなどにはカカオマスポリフェノールブドウやブルーベリーに含まれるアントシアニン。話題になったアサイーにはアントシアニンがブルーベリーよりも多く含まれています。バナナ・リンゴに含まれるタンニン、豆腐や納豆などの大豆食品に含まれるイソフラボン、たばこの煙に含まれるニコチンやタールなどがステインの元となります。
しかしこれらの栄養素には血中コレステロールを下げたり、高血圧を予防するといった効果があります。またCMでお馴染みのブルーベリーに含まれるアントシアニンには肝機能の向上を助け、疲れ目の解消にも効果があるとされています。さらに大豆食品に含まれるイソフラボンにはアンチエイジングの効果が期待されています。
歯の黄ばみの予防方法を知っていると、たくさんの恩恵を受けることができます。

ステインを予防する

  • 歯ブラシをする
  • 食後は水ですすぐ
  • 食後にガムを噛む
  • ストローを使う

ステインは歯の表面に吸着することで黄ばみとして現れます。歯の表面が汚れなどでデコボコしていると、引っ掛かりやすくなりステインがより進行します。歯の表面を整えるという観点で歯ブラシは有用ですが、着色を落とす効果はあまり期待できません。
食後に水で口内をすすぐことで、歯に引っ付いた大部分のポリフェノール類を洗い流すことができます。または食後にガムを噛みましょう。唾液には口の中を中和する役割があり、ステインの汚れを浮かせ落とす効果がわずかにあります。
ストローを使うと歯の表面と飲み物との接触時間が減少するためステインを抑えることができます。
徹底的に白くしたいときは、歯科医院でホワイトニングを施してもらいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする